TOPICS
お知らせ

  • お知らせ
  • 全エリア共通

ヤクルトワールドPart.13 こげた肉などに含まれる発がん物質を体外に排出します

肉や魚のこげた部分に含まれるテヘロサイクリックアミンは、アミノ酸やたんぱく質の加熱分解によってできる発がん物質で、遺伝子を傷つけて細胞に突然変異を起こす性質(変異原性)があります。

ヘテロサイクリックアミンは腸から体内に吸収された後、尿中に排出されるため、尿を調べることで、体内に吸収された発がん物質の量を知ることができます。

乳酸菌シロタ株やビフィズス菌 BY株は、発がん物質を吸着して便と一緒に排出し、体内に吸収されるのを抑えるため、尿中に排出される量が減少すると考えられます。

●乳酸菌シロタ株による尿中変異原活性の変化

健康な成人6名に、乳酸菌シロタ株を100億個以上含む生菌製剤を1日3回、3週間摂取してもらいました。摂取前および3週間後に、それぞれ加熱調理した牛ひき肉2kgを食べてもらい、食後12時間までの尿を摂取して変異原活性を調べました。

 

●ビフィズス菌 BY株による尿中変異原活性の変化

健康な成人10名に、ビフィズス菌 BY株を100億個以上含む飲料を、1日3回、4週間飲んでもらいました。飲用開始前および4週間後に、それぞれ加熱調理した牛ひき肉2gを食べてもらい、食後12時間までの尿を採取して変異原活性を調べました。

 

発がん物質を排除することががん予防につながります。

発がん物質によって遺伝子に傷がつくと、正常な細胞は死んでしまったり、時にはがん細胞となったりすることがあります。がんを予防するためには、発がん物質をなるべく摂らないよう心がけるのはもちろんですが、体に吸収されないうちに発がん物質を体外へ排出してしまうことも大切です。乳酸菌シロタ株とビフィズス菌 BY株は、腸で発がん物質を吸収する働きがあるため、このような発がん物質を便と一緒に体外へ持ち出してくれると考えられています。

 

 

乳酸菌シロタ株を含む商品:ヤクルト類ヨーグルト類など

ビフィズス菌 BY株を含む商品:ミルミルミルミルS

——————————————————————————————————-

ヤクルトワールドPart.12 皮膚の水分を保ちます

ヤクルトワールドPart.11 ヤクルト菌はおなかの中の腐敗産物を減らします

ヤクルトワールドPart.10 消化液の殺菌作用 と 鍛えられたヤクルトの乳酸菌

ヤクルトワールドPart.9 腸の働きと便秘・軟便(下痢)改善について

ヤクルトワールドPart.8 プロバイオティクス

ヤクルトワールドPart.7 乳酸菌を使った食品の分類

ヤクルトワールドPart.6 代表的な乳酸菌の種類

ヤクルトワールドPart.5 腸内フローラを崩す要因

ヤクルトワールドPart.4 腸内フローラ

ヤクルトワールドPart.3 下痢について

ヤクルトワールドPart.2 便の形状と便秘の症状

ヤクルトワールドPart.1 生命に関わる大切な器官「腸」

——————————————————————————————————-

TEL:0120-47-8960

FAX:028-656-6127

フォームでお問い合わせはコチラ