TOPICS
お知らせ

  • お知らせ
  • 全エリア共通

ヤクルトワールドPart.18 「体の防衛軍」とリンパ組織

人の体の中には、リンパ組織が全身に張りめぐらされています。リンパ組織は、細菌やウイルス、がん細胞と戦う、さまざまな免疫細胞を作り出します。リンパ球は、血管と通じて全身に送り出され、リンパ管を通って血管に戻ってきます。

頭からつま先まで、異変が起こったときにはどんなところでも免疫細胞が駆けつけ、細菌やウイルス、がん細胞をやっつけて体を守ります。

腸は、免疫細胞がたくさん集まるところで、常にいろいろな菌と出会う場所でもあります。

食事のときに食べ物と一緒に細菌やウイルスも体内に侵入してくるので、腸は体内で最も危険にさらされている場所と言えます。そのため、栄養素を吸収する上皮細胞の間やその奥に、体全体の半数以上の免疫細胞が設置されています。そこには、敵と免疫細胞が出会う場となるパイエル板などのリンパ組織もあり、腸独自の免疫細胞(腸管付属リンパ組織:GALT*)が発達しています。つまり腸は食べ物を消化し、栄養素を吸収する場所であるとともに、体内最大の免疫器官でもあるのです。

*病原体から体を保護する消化管の免疫系組織

 


ヤクルトワールドPart.17 免疫細胞は「体の防衛軍」

ヤクルトワールドPart.16 免疫とワクチン

ヤクルトワールドPart.15 長期にわたるプロバイオティクスの継続飲用は、良好な腸内フローラを維持します

ヤクルトワールドPart.14 乳酸菌シロタ株は便秘(便の硬さや排便時のいきみ)を改善します

ヤクルトワールドPart.13 こげた肉などに含まれる発がん物質を体外に排出します

ヤクルトワールドPart.12 皮膚の水分を保ちます

ヤクルトワールドPart.11 ヤクルト菌はおなかの中の腐敗産物を減らします

ヤクルトワールドPart.10 消化液の殺菌作用 と 鍛えられたヤクルトの乳酸菌

ヤクルトワールドPart.9 腸の働きと便秘・軟便(下痢)改善について

ヤクルトワールドPart.8 プロバイオティクス

ヤクルトワールドPart.7 乳酸菌を使った食品の分類

ヤクルトワールドPart.6 代表的な乳酸菌の種類

ヤクルトワールドPart.5 腸内フローラを崩す要因

ヤクルトワールドPart.4 腸内フローラ

ヤクルトワールドPart.3 下痢について

ヤクルトワールドPart.2 便の形状と便秘の症状

ヤクルトワールドPart.1 生命に関わる大切な器官「腸」

——————————————————————————————————-

TEL:0120-47-8960

FAX:028-656-6127

フォームでお問い合わせはコチラ