TOPICS
お知らせ

  • お知らせ
  • 全エリア共通

ヤクルトワールドPart.6 代表的な乳酸菌の種類

乳酸菌とは、「乳糖やブドウ糖などを栄養源にして増殖し、乳酸を大量に作る細菌の総称」です。

代表的なものは、乳酸桿菌、乳酸球菌、ビフィズス菌です。

桿菌(かんきん)とは棒状をした菌で、乳酸球菌はその名のとおり丸い形をした菌です。ビフィズス菌はV字やY字に枝分かれした特長的な形をしています。

乳酸桿菌

乳酸球菌

ビフィズス菌

 

乳酸桿菌、乳酸球菌は乳酸を作り、ビフィズス菌は乳酸以外に酢酸をつくります。
乳酸や酢酸などの有機酸は有害菌の増殖を抑える働きがあります。

※有機酸:酸の性質を持つ有機化合物の総称

乳酸桿菌や乳酸球菌は酸素があってもなくても生育できますが、ビフィズス菌は酸素を嫌う性質があり、人の腸でもそれぞれすむ場所が異なります。

 

桿菌が入っているヤクルト商品   :ヤクルト類など
ヤクルト類に含有の乳酸菌名    :乳酸菌シロタ株

 

ビフィズスが入っているヤクルト商品 :ミルミルなど
ミルミルに含有のビフィズス菌名  :ビフィズス菌BY株

 

 

TEL:0120-47-8960

FAX:028-656-6127

フォームでお問い合わせはコチラ