TOPICS
お知らせ

  • お知らせ
  • 全エリア共通

こども食堂を支援しています!

下野新聞社様の

こども虐待防止啓発キャンペーン

「いのちにハグを。」の企画へ賛同し、

エリア内の子ども食堂への支援を行っています。

先日、下野新聞社にて子ども食堂への支援物目録贈呈式が執り行われました。

宇都宮ヤクルトでは、エリア内12の施設へ飲料を提供いたします。

贈呈式後の記念撮影の様子↓

 

この活動は、こども食堂サポートセンターとちぎを通じて行われています。

「子ども食堂」とは、子どもだけでも安心して行ける無料または低額の食堂です。

子どもだけでも行ける場所、それは保護者だけでなく地域のお兄さん、

お姉さん、おじいちゃん、おばあちゃんたちが子どもたちを温かく迎えてくれる、

そして“関わる”交流の場です。ご飯を作っているのは子どもたちにお腹一杯ご飯を

食べてほしいと思っている人たち。温かい手作りご飯をたくさん作って待っています。

こども食堂によって運営している人も雰囲気も利用者も様々で、そのカラフルさが

子ども食堂の特徴です。いろんなスタイルのこども食堂にぜひ足を運んでみてください。

 

宇都宮ヤクルトでは今後も地域の方々の健康づくりに貢献できるよう、積極的に取り組んでいきます。