TOPICS
お知らせ

  • お知らせ
  • 全エリア共通

Yakult Q&A Q.ヤクルトは虫歯の原因になりますか?

A.ヤクルトに含まれる乳酸菌 シロタ株は、むし歯の直接の原因になりません。

 

むし歯は、ミュータンス菌という球菌が食べ物に含まれる糖質(特に砂糖)を分解して、非水溶性グルカンという水に溶けにくいネバネバした物質をつくり、歯に付着することからはじまります。

 

乳酸菌 シロタ株は非水溶性グルカンをつくらず、歯に付着することもないので、むし歯の直接の原因とはなりません。

 

もともと、だ液には、口の中を洗い流す自浄作用があります。

しかし、食べ物をいつまでも口に含んでいると、むし歯になりやすくなります。

ヤクルトには砂糖、ぶどう糖果糖液糖などの糖質が入っていますので、一般的な食べ物や飲み物を摂取した時と同じように、だらだらといつまでも食べない、飲まないことが大切です。

 

なお、一般的なむし歯の予防法として、次のようなことがあげられます。

1.食後には、必ずうがいや歯みがきを。

2.おやつは、時間と量を決めて。

3.寝る前に、食べない、飲まない。

4.よい生活習慣をとり入れた規則正しい生活を。

5.年に2回以上は、歯の定期検診を。

 

特に小さなお子さまの場合は、甘いもの、すっぱいものを哺乳ビンでだらだら飲ませないようにし、食後や決められたおやつの時に飲ませてください。

一般的にむし歯は、1.むし歯のできやすい「歯質」2.歯垢(しこう)になりやすい「食べ物」3.むし歯をつくる「むし歯菌(ミュータンス菌)」の3つの要素に「時間」の要素を加えた4つの要素が重なり合ってできるといわれています。


Q.ヤクルトの名前の由来は何ですか?